本文へスキップ

渡部華流 プロフィール

渡部華流(わたなべかりゅう
父の勧めで書道を習い、宮部北流氏に師事。
その後、破体書と出会い松本筑峯氏の下で破体書の創作に入る。
現在、破体作家として活躍中。2013年より赤坂離宮銀座店に書が飾られている。
2015年「龍飛鳳舞」がチェコ プラハ・ナショナルギャラリーに収蔵された。

東洋書芸芸術学会理事 東洋書道芸術学会支部長 東洋書芸展審査会員
華流会主幹

1990年 ウィーン・アテネ展「千古翠」
1992年 中国北京展
1996年 41回書芸展「水天一色」読売新聞賞
1997年 42回書芸展「地吹雪」準書芸大賞受賞
1998年 43回書芸展「沈黙の舞」書芸大賞受賞
2000年 審査会員推挙 破体国内展出品
2007年 米国オハイオ州シンシナティ市破体書展「夢知愛」
2008年 破体書女流展「お馬の親子」
2010年 ポーランド・トルン破体書道展。韓国亜細亜美術招待展等出品。支部長展出品 23回
2011年 銀座にて個展開催
     東京ヒルトンホテル ヒルトピアアートスクエア破体書展出品
2012年 韓国亜細亜美術招待展等出品
2013年 韓国亜細亜美術招待展等出品
2014年 トルン破体書道展出品
     原宿にて個展開催「neo HATAI」
     神楽坂 まち飛びフェスタ ワークショップ開催
2015年 韓国亜細亜美術招待展出品 ラジオNIKKEI ワークショップ開催
     チェコ プラハ・ナショナルギャラリー主催「煌めく日本の現代書巨匠展」出品作品収蔵
    他、国内展覧会出品
2016年 韓国亜細亜美術招待展出品 ラジオNIKKEI ワークショップ開催

informationお知らせ